たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

卵白活用レシピ第2弾!卵白を使ってイタリアのやみつき菓子、ブルッティ・マ・ヴォーニをつくろう!

おしらせたまごデザートレシピ 2018.02.07

 

 

いつもブログをご覧頂いている皆様、こんにちは。

初めてご覧頂く皆様、はじめまして。

山田ガーデンファーム通信販売部の大友と申します。

 

本日は前回、

「卵白オンリー?高タンパクで低カロリーなホワイトオムレツで白身を有効活用しましょう!」

に引き続き、おかし作りで余りがちな卵白を上手く活用できるレシピをご紹介します!

 

ブルッティ・マ・ヴォーニ

23823773_713364795528873_5285171692560187392_n

出典:https://www.imgrum.one/post/Bbyi_Y4nEqq

 

「醜い」という意味の「ブルッティ」と、

「美味しい」という意味の「ブオーニ」が組み合わされて、

「不細工だけどおいしい」という意味のイタリアのお菓子です。

ごつごつとした焼き上がりがとっても不細工(笑)なお菓子ですが、

止まらなくなるような素朴な美味しさです。

 

本場イタリア・ピエモンテではヘーゼルナッツを使って作りますが、

日本で作る場合には、手に入りやすいアーモンド粉と、

食感を出すためにくるみを砕いたものを加えて作ると美味しいです!

 

 

それでは材料からご紹介します!

 

■材料

・卵白・・・・・・・・・・1個分

・アーモンド粉・・・・・・60g

・クルミ・・・・・・・・・40g

・粉砂糖・・・・・・・・・40g

 

■作り方

①下準備として、クルミを綿棒などで粗く砕いておきます。

②卵白を泡立て器で角が立つまで溶きほぐします。

③角が立ったら粉砂糖を2〜3回に分けて加えます。

④クルミとアーモンド粉をメレンゲに入れてよく混ぜます。

⑤生地をスプーンで適当な大きさにとり、クッキングシートを敷いたオーブンの鉄板の上に乗せて並べます。

⑥180度に温めておいたオーブンで20~30分ぐらい焼きます。

⑦粗熱がとれたらお好みで粉砂糖をふりかけてできあがり!

 

 

■美味しく作るポイント

クルミはあまり細かく砕かないようにしましょう!

→なるべく食感が残るよう、砕くときに粗くなるようにします。

o0360027011010477623

出典:https://stat.ameba.jp/user_images/20110128/11/cakegallery99/b0/15/j/o0360027011010477623.jpg?caw=800

 

生地を鉄板の上に乗せる時は大胆に!

→綺麗に成型する必要はありません。

スプーンで一口大の大きさにすくってぽとっと落としてください。

この飾り気のない形がこのお菓子の特徴です!

 

 

 

バレンタイン目前のおかし作りシーズンです!

おかし作りで余った卵白をさらにお菓子にしてしまうとは…!意外な発想ですね!(笑)

 

余った卵白をうまく活用して、ぜひご家庭で美味しいブルッティ・マ・ヴォーニをつくってみてください!

 

それでは次回もお楽しみに!

 

通信販売部

大友

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る