たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

1月は健康運アップの「大寒たまご」を食べましょう!

ufu uhu gardenおしらせお店紹介たまご 2018.01.06

 

いつもスタッフブログをご覧の皆様、

新年あけましておめでとうございます!

スイーツ&カフェ ウフウフガーデン 店長の高橋です。

今年も 株式会社 山田鶏卵 スイーツ&カフェ ウフウフガーデンをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

本日1月6日は「小寒の日」でございます。

「小寒の日」とは1年で最も寒さの厳しくなる前の時期でございます。

米沢でも雪が降り積もり冬本番を感じております。

お正月には家の屋根に降り積もった雪を降ろしたり、へとへとになりました^^;

 

そして、「小寒の日」があれば「大寒の日」がございます。

この「大寒の日」に産まれた卵を食べるとご利益があるといわれております。

今日はそんな大寒の日に産まれた「大寒たまご」のご説明をしたいと思います。

photo-02

まず「大寒」とは

1年の中で最も寒さの厳しい時期を表します。

その寒さは普段の度合いをはるかに超え、冷えることが最高の状態であるため「大寒」と言われています。

 

では「大寒」とはいつなのか?

2018年の大寒の日は1月20日となります。

この日に産まれた卵を食べるとご利益があるとされています。

 

では、なぜご利益があるのかと言うと

ニワトリも冬の厳しい寒さをしのぐため水の摂取量が減り、餌を多く食べるため1年のうちで最も栄養価の高い卵になります。

そのため、「大寒」のたまごを食べると、1年を健康で過ごすことが出来ると言われております。

さらに卵黄も普段よりも濃厚で最も美味しい時期と言われております。

新鮮たまご

スイーツ&カフェ ウフウフガーデンでも1月20日の午後3時~21日の午前中まで、「大寒たまご」を販売致します。

大寒たまごは非常に人気のうえ数に限りがございますので、事前にご予約をおすすめいたします。

ご予約は、お電話(0238-39-4040)または店頭にて受け付けております。

 

いかがでしたでしょうか。

寒いのが嫌いという方も多いとは思いますが、その寒さが重要である「大寒たまご」

まだお召し上がりになられていない方は是非、ウフウフガーデンでお買い求めになってはいかかでしょうか(^^♪

「大寒たまご」を食べて、今年1年健康に過ごしましょう!

 

では次回もお楽しみに!

 

スイーツ&カフェ ウフウフガーデン 店長 髙橋純一

 

 

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る