たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

新米のお供に!簡単レシピたまごみそ!

たまごレシピ 2015.10.27

いつもブログをご覧の皆様、こんにちは!

山田ガーデンファーム通信販売部の石井と申します。

 

山田ガーデンファームの新米の収穫も順調に進み、

予約を早くに頂いていたお客様には、既に新米をお召し上がり頂いております。

今回はそんな新米のお供にぴったりの

短時間で簡単に作れる「たまごみそ」についてご紹介致します!

 

<そもそも「たまごみそ」とは?>

たまごみそとは、青森県津軽地方に伝わる郷土料理のひとつです。

古くはこの地方の名物であるホタテ貝の殻を鍋代わりに使い、

味噌とだし汁を入れて煮て、最後に卵を落として作る料理だったのです。

ご飯のお供として食べるのはもちろんのこと、

風邪の引いたときにお粥と一緒に食べるメニューとしても定番だったようです。

味は主に味噌がベースで味付けをしておりますが砂糖が入ることで

程よくしょっぱく甘い味付けとなっております!

今でもおふくろの味として愛され続けているそうです!

ざっくり言うと!

・青森県津軽地方に伝わる郷土料理!

・鍋にネギ・だし汁を入れて火にかけ、味噌を溶いて卵を加えて作る料理!

・ご飯のお供としてはもちろん、お粥と一緒に食べるのも定番の料理!

たまごみそ2

 

 

では、材料から紹介致します。

<<材料>>

・紅花たまご・・・2個

・味噌・・・・・・大さじ2~3

・砂糖・・・・・・大さじ1

・酒・・・・・・・大さじ2~3

・だしの素・・・・少々

 

 材料もとってもシンプルです!

他にお好みでネギ人参シソ納豆を混ぜてもおいしいです!

 

<<作り方>>

①たまご以外の材料を鍋に入れ、弱火で焦げないように混ぜます。

②周りがグツグツと煮立ったら、溶き卵(2個分)を入れ、混ぜます。

③卵が固まってきたらできあがり!!

 

たまごみそ

 

 

料理の工程もこれだけ!

ネギなど他の食材を入れるときは1の工程で一緒に混ぜます。

料理が得意な人・不得意な人関わらず、簡単にできてしまう一品です!

 

作る際のポイントとしては、

完全に固まった状態にするのではなく

半熟状態で混ぜ終わるのがポイントです!

卵は生卵より半熟のほうが消化・吸収が良く、

栄養の消化吸収率は良いと言われているからです!

 

卵の柔らかさ加減は、それぞれ好みがありますので

お好みで混ぜる時間を長くしたり、短くしたり、

卵の固まり具合を見ながら作ることをオススメ致します!

 

 新米のほかほかご飯とたまごみそ。

ご飯との相性はもちろんのこと、おつまみとして出すのもアリですね。

今まで卵かけご飯で食べていたお客様にも、ぜひお試し頂きたい一品です!

色々なアレンジが可能ですので、

自分好みの「たまごみそ」を作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

次回の記事もお楽しみに♪

 

通信販売部 石井

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る