たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

グルテンフリーの“卵だけデニッシュ”をご紹介します!

商品紹介 2017.02.13

グルテンフリーの“卵だけデニッシュ”をご紹介します!

 

 

皆様こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は総務部・矢萩がお届け致します♪

 

 

さて、皆様“グルテン・フリー”という言葉、ご存じですか??

 

グルテンとは小麦やライ麦、大麦などの穀物に含まれるたんぱく質の総称です。

グルテンは粘り気を出す性質があるので、パンやパスタ、うどんなどで弾力を出す働きをしています。

“グルテン・フリー”とはグルテンが入っていないことを意味していて、

グルテンが含まれないものを総じてグルテンフリーと呼んでいるようです。

もともとはアメリカ人に多い、セアリック病(グルテンを摂取すると自己免疫反応が出て

適切に栄養を吸収できなくなる病気)の為の食事療法でした。

グルテンを避けることで糖質の摂取を減らし、さらに余計なカロリーを摂取しなくなる場合も多く、

健康志向の方にも注目されていったようです!

 

でに

 

そんな、グルテンフリーを気にしている方の中で、卵とバターだけで作ることができる

「たまごデニッシュ」というものが話題になっているようです!

 

たまごデニッシュは卵とバターのみで作ることができ、小麦を使っていないので

糖質が低く、グルテンフリーなデニッシュなのです!

 

それでは作り方をご紹介します。

 

<材料> 6個分

・紅花たまご…1個

・無塩バター…10g

・塩…少々

 

<作り方>

・ボウルにバターを溶かし、紅花たまごと塩を入れ、泡立て器で混ぜ合わせる。

・十分に混ざったら、型に流し入れる。

 (この時、たくさん入れすぎてしまうと焼いたときにあふれ出てしまうので要注意!)

・オーブンの場合は200℃で約18~20分、トースターなら約20分を目安に焼き上げる。

 焦げ目がつきすぎてしまうようなら、途中からアルミホイルをかぶせて焦げないようにする。

・型からはずし、少し冷ましたら完成です!!

 

 

グルテンフリーというのももちろん、おススメポイントの1つですが

卵とバターのみでできあがるので材料をそろえたり、発行させたりする時間も必要ないので

時短料理になることも大きなメリットですね(*^_^*)

ぜひ皆様も試してみて下さいね♪

 

明日はバレンタインデーという事なので、生地にチョコを混ぜたり、

出来上がったデニッシュに生クリームとチョコソースをかけてカフェ風にして

バレンタインにもおすすめですよ!!

 

でに2

 

今回はグルテンフリーの卵だけで出来るデニッシュをご紹介しましたが、

グルテンフリーの食生活をしたからといってすぐに痩せていくという

急激なダイエット効果はほぼないようですね。

どちらかと言えばグルテンフリーの食生活を行う事で太らないようにして、

体型維持を目的に行っている方が多いようです!!

 

何となく気にはなっているけれど、詳しく勉強するのは大変…と思う方も多いと思います。

グルテンフリーな食生活に挑戦する際にとっても簡単な考え方があります!

それは“昔ながらの食事をする”という事です。

イメージ的にはおばあちゃんの作るごはんなどですかね(*^_^*)

 

でに3

 

昔の食事は白米に玄米を混ぜたり、魚を基本としたりする食事でした。

食べすぎてしまえばダイエットにはなりませんが、

“グルテンが少ないものだけを食べる!!”と意識しなくても

昔ながらの食事を心がけることで自然と健康的な食生活を送ることができるようになると思います!

 

無理せず自分のペースで健康的な身体を作っていけたらいいですね♪

 

それでは次回の更新もお楽しみに!

 

 

総務部 矢萩

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る