たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

伝統的な料理なのに新感覚!まろやかで栄養満点の飛鳥鍋をご紹介します

新着ニュース 2019.02.07

ブログをご覧の皆様、こんにちは!

今回は山田ガーデンファームの井上がお届けします。

 

節分も過ぎましたが山形はまだまだ一面雪景色です。

だんだんと陽が長くはなってきましたが、朝夕はだいぶ冷え込みます。

そんなこの季節に食べたくなるのはやはり鍋ですが、毎回同じようなレパートリーになっていませんか?

今回は奈良県の郷土料理である「飛鳥鍋」をご紹介します!

飛鳥鍋1

飛鳥時代から伝わる伝統的な料理で、鶏ガラベースのスープに白味噌を加えたシンプルなダシ。

それに牛乳も入れてじっくり煮込み、すき焼きのように卵につけて食べる新感覚の鍋となっています。

〈材料(4人分)〉

鶏肉・・・・・・・・・・300g

ごぼう・・・・・・・・・1本

長ねぎ・・・・・・・・・1本

白菜・・・・・・・・・・50g

ほうれそう・・・・・・・1/4束

糸こんにゃく・・・・・・100g

豆腐・・・・・・・・・・1丁

にんじん・・・・・・・・1/3本

しいたけ・・・・・・・・4枚

塩・こしょう・・・・・・各少々

 

牛乳・・・・・・・・・・200ml

水・・・・・・・・・・・600ml

固形スープの素・・・・・2個

白味噌・・・・・・・・・大さじ3

 

紅花たまご・・・・・・・1個

 

〈作り方〉

①鶏肉は一口大に切り、塩、こしょうをしてサラダ油大さじ1で下味をつけ、30分ほどおく。

②ごぼうは笹がきにし、長ねぎは斜め輪切りにする。白菜とほうれんそうは下茹でしてから、ほうれんそうを芯にして白菜で巻き、3~4cmに切る。

③糸こんにゃくは下茹でし、豆腐は一口大に切る。にんじんは輪切りにし、しいたけは石づきを取って表面に切れ目を入れる。

④水と固形スープの素を鍋に入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら①②③を入れて煮る。

⑤に火が通ったら牛乳、白みそを加え、再び煮立ったら完成。生姜や一味唐辛子をかけ、溶き卵をつけながら召し上がってください。

飛鳥鍋2

飛鳥時代に唐から来た僧侶が寒さをしのぐためにヤギの乳で作ったのがはじまりのこの料理は、煮込むにつれてシンプルなスープに鶏肉や野菜のダシも加わりとてもまろやかで栄養満点の鍋に変わります。

 

千年も前に作られた料理なのに新感覚の味わいを楽しめる飛鳥鍋で、春までもうひと頑張りしましょう!

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る