たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

鳥インフルエンザについて

たまご新着ニュース 2021.02.05

 

皆様こんにちは!通信販売部の吉田明日美です。

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

緊急事態宣言が延長になってしまいましたね。

該当エリアの方は毎日大変な日々をお過ごしかと思います。

なかなか終息が見えないので不安ですが、一人一人が気をつけて1日でも早く日常を取り戻せたらいいですね。

 

さて、ニュースはコロナウィルスの話題で持ちきりですが鳥インフルエンザの話題もちらほらあり、養鶏業の私たちには気になる話題です。

卵を定期便で頼んでいただいているお客様にも気になる話題がと思います。

そこで、今日は鳥インフルエンザについて少しご紹介したいと思います。

 

 

■そもそも鳥インフルエンザって?

インフルエンザウィルスは、それぞれの動物に対して適応し、増えやすい形に変化するため、広範囲の動物に感染することが知られています。

ヒトの間で増えやすい形に変化したタイプは単に「インフルエンザウィルス」と呼ばれます。

鳥の間で増えやすいものは「鳥インフルエンザウィルス」、豚では「豚インフルエンザウィルス」という具合です。

それぞれの動物にインフルエンザウィルスが感染しますが、他の動物では感染、増殖できないとされています。

他の動物にもウィルスが感染できるようになるのはウィルスが遺伝的に変異する必要があります。

よって、鳥インフルエンザが発生しても、直ちにヒトに感染するリスクは極めて低いと考えられています。

 

 

■鳥インフルエンザの原因は?

鳥インフルエンザウィルスはカモ類(水禽類)であることが知られています。

カモ類は渡り鳥のため、冬になると日本に南下してきます。

その時に鳥インフルエンザウィルスが一緒に運ばれてきます。

鶏は渡り鳥と同じ鳥類のため、渡り鳥の飛来地が養鶏場の近くにあると感染リスクが高まってしまうのです。

渡り鳥

 

 

■鳥インフルエンザの対策

鳥インフルエンザから鶏を守るためには鶏へのウィルスの接触をなくすことが重要になります。

山田ガーデンファームでは鳥インフルエンザの発生を防ぐために「ウインドレス鶏舎」を採用しています。

ウインドレス鶏舎とはその名の通り、窓がない鶏舎です。

山田ガーデンファーム

野鳥、野生動物の鶏舎の侵入を防止するとともに、消毒などの各種対策を有効にしています。

山田ガーデンファームには農場には限られた人しか入場できません。

また、入場の際は消毒が徹底され、トラックごと消毒されるんですよ!

また、万が一養鶏場で鳥インフルエンザが発生してしまっても、日本では法律により鶏は全て殺処分されます。

さらに卵や鶏肉も全て破棄されます。

よって、鳥インフルエンザが発生してしまった養鶏場からの卵や鶏肉は市場に流通しません。

 

 

このように、鳥インフルエンザには万全の取り組みがなされています。

皆様の食卓には安全で安心してお召し上げり頂ける卵をお届けしております。

ご安心してお召し上がりくださいませ。

たまごかけご飯

 

 

それでは、次回の記事もお楽しみに!

 

 

通信販売部

吉田 明日美

 

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る