たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

まだ間に合います!本日新米受付最終日!

お米通販 2018.09.30

 

こんにちは!

通信販売部の遠藤です。

 

本日は以前も紹介させていただいた新米の受付最終日となりました。

 

先日お客様から数か月前に買ったお米に虫のようなものが入っていたが・・・という問い合わせがありました。

 

皆さん、お米はどのように保管されていますでしょうか?

新米の注文時期に合わせて保管方法について再度ご紹介させていただきます。

 sinamai

おそらく台所やガス台の下で保管される方が多いと思います。

しかし保管場所として一番適しているのは冷蔵庫です。

お米は生ものの様に腐ってしまう心配はないのではと思われるかもしれませんが・・・

 

お米の保存には昔から米びつが使用されてきましたが、現在はガス台の下で密閉容器などで置かれることが多いと思います。お米に発生する虫は18℃以上で多湿という条件が揃うと発生します。ガス台の下は湿気がたまりやすくかつ今年の猛暑による気温上昇によって虫たちにとってはベストな環境ができてしまったと考えられます。このことから温度と湿度が低く、直接日光が当たらない環境での保管が望ましいです。

 

ご購入いただいたお米を買ったままの袋に入れていての保存は、隙間から害虫が入り込み虫が湧いてしまう可能性があります。つまり保存の際は密閉して外気を遮断する必要があります。ご自宅にお米が届いたらまず密閉可能な容器または袋に移し替えて冷蔵庫で保存いただく必要があります。

 

温度が10℃以下であれば参加するスピードを遅らせることができ、ご自宅で保管するとなると冷蔵庫の野菜室での保管がベストです。

お米をまとめ買いし、常温でお米を保管していて後半甘みがなくなった・・・と感じたことはないでしょうか?

これはデンプンを分解するアミラーゼという酵素の働きが衰え、分解が十分に行われないことで新鮮なお米の甘みを感じなくなるのです。

 

冷蔵庫に入れて保管しかも密閉できるもので保管しないといけないの・・・

とても手間がかかり大変なイメージがありますが、今年収穫の新米をお安くご購入いただけるのは今回のみとなっております。ぜひ皆様に美味しい新米をお届けし、最後まで美味しく召し上がっていただきたいとスタッフ一同願っております。

今回のブログを通して保管方法の参考にしていただければ幸いです。

 チラシ

新米の注文は本日9:00~17:00まで受付しております。

 

お電話お待ちしております!

次回もお楽しみに!

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る