たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

お弁当のお供に紅花たまごを!!

たまごレシピ紅花たまごについて 2019.04.10

 

本日4月10日はお弁当初めの日。

株式会社ニチレイフーズが2017年に制定しました。

一般的に4月10日前後がお弁当の頻度が高い時期であることと「弁」が数字の4に似ていおり、10を「当」と語呂合わせから考えられています。

 

新学期が始まり、お弁当を作る機会がまた多くなり卵のご注文をたくさんいただいております。やっぱりお弁当には卵料理は欠かせないが、紅花たまごじゃないと子供たちが食べないといううれしいお言葉をいただきました。

今まで食卓で召し上がっていた分の他にお弁当用に、通常の倍くらいご購入いただく方も多くなってまいりました。

 

材料

〇卵・・・・・4個

〇たらこ・・・1腹(80gくらい)

〇万能ねぎ・・・1~2本

〇砂糖・・・・大さじ1

〇酒・・・・・大さじ2

〇だしの素・・小さじ1

〇水・・・・・50㏄

〇オリーブオイル・・・適量

 

①水とだしの素・酒・砂糖をよくまぜる。

②たらこの包丁の先で切れ目を入れて身をほぐし、①のだし汁とまぜる。

③そこに卵と切った万能ねぎを入れる。

④フライパンを熱し、中火にしてから油を敷く。

⑤卵液を少しずつ流し入れ、表面が半熟状になったら菜箸ではがし、手前に巻いてくる。

⑥巻き終わったら空いた部分に油を敷く。そして残りの卵液を使い切る。

⑦キッチンペーパーや巻きすで形を整えて切り分けて完成。

 

tama 

 

普段お弁当に入れているだし巻き卵や普通の卵焼きだけではなく、たらこの卵焼きも入れてみるとおかずのバリエーションが増えます。ぜひお試しください。

 

なかなか朝に手間がかかるな・・・

そんな方にはくんせい卵がおすすめ。そのままお弁当に入れてすぐにおかずの1品になります。ご贈答用で人気だったくんせい卵でしたが、最近はちょっとしたおつまみやお弁当にピッタリというご意見もいただいております。お気軽にお問い合わせください!

くんせい

次回もお楽しみに!!

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る