たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

夏前に食事で紫外線から肌を守ろう!卵を使った日焼け対策レシピ!

たまごレシピ紅花たまごについて美容 2016.04.23

 

いつもブログをご覧頂いている皆様、こんにちは。

初めてご覧頂く皆様、はじめまして。

山田ガーデンファーム通信販売部の大友と申します。

 

米沢では桜の花が散り始めてきました。

日中は日差しが強くなってきて、じんわり汗ばんでくる程あたたかいので、

調子に乗って朝晩半袖・半ズボンで眠ろうとすると

ちょっぴり寒い今日この頃です。

4d9b858c1e43211465466ccf2938cc5e_m 

本日は日焼け対策のレシピを2品ご紹介します!

 

レシピ①

「βカロテンが豊富なにんじん入り卵焼き」

375e5d9e3831c705819f31b3ab2f10cb_m 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6cc964b0d7f65386288ed0958ba7c564_m

にんじんに豊富に含まれる色素成分の一つに「βカロテン」というものがあります。

この成分は、肌を紫外線から守るため、日焼けによる痛みを和らげると言われております。

βカロチンは脂溶性なので適度に油を使うか、油を多く使う料理と一緒に食べると吸収が高まります。

 

材料(2人分)

・紅花たまご………………3個

・にんじん…………………1/4本

※出し汁……………………大さじ3

※酒…………………………大さじ1

※砂糖………………………大さじ1

※醤油………………………小さじ1

※塩…………………………少々

・サラダ油…………………適量

 

作り方

  • ボウルにたまごを割り入れて※の材料を全て加えてよく混ぜます。
  • にんじんはあらかじめすりおろしておき、1に入れて軽く混ぜ合わせます。
  • 卵焼き器にサラダ油をひいて中火で熱しておきます。
  • あとは卵焼きをつくる要領でつくるだけ!
  • 切ってお皿に盛りつければできあがり!

 

もう一品ほしいときにも、お弁当にもぴったりです!

 

 

レシピ②

「ビタミンCをとろう!3種の野菜のゆで卵和え」

 original

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1be655856019c38f9e6d8fb2d84729c6_m

小松菜にはビタミンCを多く含む食材です。

ビタミンCは、紫外線によって生じるメラニン色素の生成を抑えると言われており、日焼けやシミの対策に良いとされます。

 

材料(2人分)

・紅花たまごのゆで卵…………2個

・小松菜…………………………1/2束

・きゅうり………………………1本

・塩………………………………小さじ1/4

・トマト…………………………1個

※オリーブオイル………………大さじ2

※ワインビネガー………………大さじ1

・塩・コショウ…………………少々

 

作り方

  • 小松菜はさっと塩茹でして、ザルにあげ、冷めたら4〜5㎝の長さに切ります。
  • きゅうりは薄く輪切りにして、塩をまぶして15分置き、水分をしぼります。
  • トマトは5mm幅にスライスして器に敷く。
  • ※をボウルに入れてさっと混ぜます。
  • ゆで卵はフォークでつぶしてから、④と合わせて、塩・コショウで味をみながら調えます。
  • トマトを敷いた器に小松菜・きゅうり・ゆで卵を盛り付けてできあがり!

 

  770719bac82e81eb4de3f2bd8ea7c463_m

バランスよく食べて、美味しく日焼け対策しましょう!

 

次回の記事もお楽しみに!

 

通信販売部

大友

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る