たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

栄養満点、豆乳のエッグノックで年末も元気に過ごそう!

たまごレシピ成分紅花たまごについて 2017.12.26

ブログをご覧の皆様、こんにちは!

 

総務部の伊藤です。

 

 

クリスマスも終わり、今年も残り五日ほどとなりました。

 

あっという間に一年が終わってしまいますね。

 よねざわゆき

例年通りだと、このように雪も積もって、

 

あたり一面銀世界となっているはずの米沢ですが、

 

今年は雨が多めで、雪は比較的大人しめになっています。

 

 

雪が少ないと、住んでいる身としては助かる一方、

 

なんとなく物足りないというか、冬らしさが感じられず、

 

複雑な気分です。

 

 

 

 

 

はこ

さて、今日はボクシングデーです。

 

クリスマスの後に、イギリスなどの英連邦で多く見られる

 

キリスト教由来の休日です。

 

クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために

 

寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことから

 

“Boxing Day”と呼ばれるようになったそう。

 

ちなみにスポーツのボクシングとスペルは同じで、

 

そちらを連想してしまいますが、特に関係はないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ではクリスマスは25日の一日で終わってしまいますが、

 

欧米諸国などは25日から1月6日までと長めのイベントに

 

なっています。

 

そんな祝祭日のシーズンに振舞われる料理にエッグノックと

 

呼ばれるものがあります。

 

起源、語源などその始まりは諸説あり、定まっていないものの、

 

世界各国で様々な形で親しまれている、ポピュラーな飲み物です。

 

現代の典型的エッグノッグは、牛乳、卵、および砂糖を混ぜて作ります。

 

そこにアルコールを加えたり、シナモンやナツメグでアクセントを

 

加える事で豊富なバリエーションが生まれています。

 

 

映画、ロッキーで有名な生卵をグラスに注いで飲むシーンのように……

 

となると、なかなか実行できませんが、

 

このように飲み物としてなら気軽に美味しく栄養を身体に取り入れる

 

事が出来ます!

 

 

食欲が沸かない時、或いは寒いこの季節、

 

身体から温まりたい時などにもお勧めできるエッグノックを

 

豆乳と紅花たまごを使って、ヘルシーかつ栄養をたっぷり摂れる

 

レシピで今回はご紹介します!

 

エッグノック 

 

材料   (1人分) 

 

 

 

豆乳………………180ml

 

紅花たまご………1個

 

砂糖 大さじ ……1~適量

 

カルダモン………お好みで少々

 

シナモンパウダー……少々

 

チアシード……………小さじ1

 

 

 

 

 

 

 

1、ボールに卵を割り、溶きます。

 

 

2、砂糖・チアシードを加えよく混ぜあわせます。

その後豆乳も少しずつ加えて均一になるように混ぜます。

 

 

3、小鍋に2を入れて弱火にかけます。ゴムベラで絶えずかき混ぜながらおおよそ5分ほど、とろみがつくまで加熱します。

 

 

 

4、カップに注ぎ、お好みでカルダモンとシナモンパウダーを振って

完成です!

 

 

 

 

 

今年も残りわずかです。

 

寒さも厳しいこの年末、栄養満点の紅花たまごのエッグノックで

 

元気よく過ごしましょう!

 

では、次回の更新もお楽しみに!

 

総務部 伊藤 

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る