たまごやのリッツカールトンをめざして 山田ガーデンファクトリー

0120-22-0505

スタッフブログ

美味しい卵の秘密は鶏たちの管理を徹底しているからです

こだわりの生産管理たまご 2015.08.31

 

いつもブログをご覧の皆様、こんにちは!

 

初めてご覧頂く皆様、はじめまして。

 

山田鶏卵の石井と申します。

 

前回は、お米についてご紹介させて頂いたので私からは卵に関することをご紹介させて頂こうと思います。

 

今回は、毎日頑張って「卵」を産んでくれている鶏たちについてご紹介致します!

 

毎日美味しい卵を産んでくれるように鶏たちをサポートするのが養鶏場のスタッフの役目ですので、365日休まずに鶏たちのお世話をしております。

 

まずわが社での鶏の飼育方法はケージ飼いとなっております。

鶏

 

一般的に放し飼いのほうが良いイメージを持っている方が多いと思いますが、ケージ飼いのメリットとして3つのことが挙げられます。

 

1.野鳥や野生動物との接触がないため、怪我や病気から鶏たちを守れる!

 

2.1羽1羽、毎日鶏たちの体調チェックを行えます!

わが社ではたくさんの鶏たちを飼育していますので、1日2回体調をチェックし巡回を必ずすることで鶏たちの状態をチェックしています。

 

3.鶏糞と隔離できるので病気になりづらい!

鶏糞と離すことで雑菌や寄生虫の影響を受けず、病気に罹りにくくなっています!

 

以上を踏まえてわが社ではケージでの飼育をしております。

 

お客様の皆様に美味しい卵をお届けできるように毎日愛情を込めて鶏たちの管理を行っております。

たまご2

 

続いて鶏の生態について少しだけご紹介させて頂きます。

 

鶏はとても温度、湿度、空気の流れに敏感な生き物ですので、鶏たちも実は人間と同様に暑さが苦手…。

人間が夏バテをするように鶏も夏バテをしてしまうのです。

 

鶏にとっての快適温度は15℃~25℃くらいとなっております。夏場は30℃を越える日が多々ありますので温度管理をしないと鶏たちは死んでしまいます…。

 

そうなる前に!

こまめに鶏舎の空気の入れ替えを行います。

 

わが社の鶏は飯豊連峰の伏流水と清らかな空気の中で飼育しておりますので、鶏舎に自然の涼しい風を取り込み温度調節しています。

 

また、寒い冬場でも暖房が設備されておりますので、鶏たちは快適に過ごせ、卵を産んでくれています。

ガーデンファーム

米沢は夏も暑く、冬も寒い地域ですが

鶏たちが過ごしやすい環境作り、またより良い卵を産んでくれるよう日々、精進しております。

 

病気や怪我のない!

元気な鶏たちが産んでくれた山田ガーデンファームの卵!

 

通販では年中無休で卵のご注文を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

皆様に喜んで頂けるよう、鶏たちが一生懸命産んでくれた卵を私たち通販メンバーが、真心と共に全国にお届けして参ります。

 

わが社の卵と鶏たちに少しでも興味を持って頂けたら幸いです。

たまご

 

 

では次回の記事もお楽しみに♪

 

 通信販売部 石井

商品一覧
  • 産地直送紅花たまご
  • たまご家さんのカレー
  • おいしい山形のお米
  • 山形の特産品
  • スイーツ果物

通販カタログを見る

ページトップへ戻る