ウフウフカンパニー

0120-22-0505

業務用をお考えの方

たまごの鮮度、美味しさにこだわり、 皆様のご望に出来る限りお応えしてまいります。

我々社員一同は、「たまご家のリッツカールトン」になるべく、
日々努力をしております。
どうしたらお客様に喜んでいただけるか、そして、
満足していただき、またご利用いただけるか。
このことを基本に、商品企画やサービスを考えております。
たまごは、どこの家庭でも使っていただける食材のベース。
冷蔵庫に必ずと言っていいほど入っているたまごだからこそ、
責任と自信をもって取り組んでおります。
2005年に直営農場「山田ガーデンファーム」を設立。
飼育管理から飼料管理まで自社で責任をもって行われるように、
そして、世界一美味しいたまごを生産するために農場を運営しています。
自然環境の豊かな土地、さわやかな空気、
飯豊連峰の清らかな伏流水で、鶏は元気に育っています。
2007年には本社工場を全面改装。
衛生的に洗卵選別ができるよう、HACCPの管理手法に基づき設備しました。
洗浄・殺菌・検査・包装という工程の徹底した品質管理により出来上がる製品。
これからも私たちは、たまごの鮮度にこだわり、
美味しさにこだわり努力していきます。

ウフウフカンパニー 代表取締役 山田浩樹
イメージ

真心込めて育てた鶏が産む極上卵

お客様の「美味しい!」
その一言をいただくために、私たちウフウフカンパニーは極上と呼べる
卵の生産に全てをかけております。
食品の安全性の向上と品質管理を目的としたHACCP(ハセップ)の
思考を取り入れた衛生管理は当然のことながら、
鶏に与える餌や飼育環境から生産管理まで余念がありません。
お客様から「こんなに美味しい卵食べたことがない!」
「プルップルッな白身がたまらない」「クセや臭みがなくて本当に新鮮ね!」
と日々言われることが多い理由はここにあります。

米沢の大自然が育む極上たまご。

ウフウフカンパニーでは、鶏が元気に育つよう
山形県の飯豊連峰の伏流水と清らかな空気の中で
鶏を飼育しております。
卵の成分のほとんどを占めるのは実は「水」。
ですから私たちはこだわります。
山形県の母なる川、最上川の伏流水は清らか滑らか。
さらにその水をイオン化させ、鶏の体に吸収しやすくしました。
鶏も人と同じで育つ環境が良ければ
元気で美味しい卵を産むのです。

  • イメージ
  • イメージ

美味しいたまごを産むために厳選したこだわりの餌を与えています。

  • イメージ
  • イメージ

天然成分の地養素(ブナの木のエキス、木酢液等)や
山形の県花である紅花、米ぬかを与え、
乳酸菌の摂取により鶏の腸内環境を整えていますので、
生臭みが少ない卵ができあがります。
かの有名な上杉氏の家老直江兼続が
米沢に移封されてきた時に栽培に力を入れた
山形県花である「紅花」は、
抗酸化作用があり、鶏も元気に育ちます。

愛情を込めて育てると鶏にしっかり伝わります。

美味しい卵を作るには、
鶏にストレスを与えない環境づくりが必要。
そのためには、鶏舎の掃除と鶏の体調管理が重要です。
私たちは鶏舎の掃除に 365日毎日欠かさず1日4時間かけ、
さらに鶏の体調管理のため1日2回、
1羽1羽を目で確かめ巡回を欠かしません。

最新技術を駆使したたまごの検査。

食品の安全性の向上と品質管理を目的とした
HACCP(ハセップ)の思考を取り入れ、
独自の厳しい基準による徹底した衛生管理を行っております。
温水で卵の表面をきれいに洗浄し、
その後紫外線と塩素で卵を殺菌することで
安全性に努めております。
最新の機械も導入し、目に見えないヒビや割れを取り除き
最終的には人の目で検査し、
確かな商品をお客様にお届けする努力は怠りません。

卵は生もの。鮮度がいのち。

たまごの美味しさにとって一番大事なことは鮮度です。
ウフウフカンパニーでは、
その日に産んだたまごはその日に発送。
お客様の食卓には最短で
産卵後1日のたまごをお届けすることが可能です。
たまごは生ものですので、
少しでも早くお客様の食卓に並ぶことが
美味しいと実感して頂く最大の条件。
こんなに美味しい卵今まで食べたことない!
と言われるのは、飼育環境から鮮度まで徹底しているからです。

ページトップへ戻る

見ても食べても違いがわかる!満足度・売上UPの紅花たまご 嬉しいお声 飲食店様からのお声
安全性について
当社では安全性確保のため、鳥インフルエンザ検査を定期的に実施しております。 詳しくはこちらをクリック

ページトップへ戻る